第2章は復縁で失敗する代表的なパターンを解説している

復縁で失敗する6つの失敗パターン

復縁7stepマニュアルの第2章では、
復縁で失敗するパターンの6つの失敗パターンを解説しています。

これは、復縁に失敗する方がよくやりがちな失敗パターンで、

別れた後だと感情的になったり、焦ったりなどして
やりってしまいがちな復縁で失敗するパターンが解説されています。

この復縁で失敗するパターンを覚えたおかないと、感情的に行動してしまったり、
相手の気持ちを考えずに行動してしまったりして、

もっと相手に嫌われたり、相手から敬遠されたりしてしまう原因となります。

復縁7ステップマニュアルでは、これらの失敗パターンを6つ解説しているので、これらの失敗パターンをよく読んで事前に復縁で失敗するパターンを覚えておく必要があります。

さらに2つの勘違いパターンも解説

小澤康二の復縁7ステップマニュアルでは、
さらに2つの勘違いパターンも解説しています。

この2つの勘違いパターンを知って自分自身で把握しておかないと、
復縁自体の本質を間違えて考えやすくなり復縁が失敗してしまう原因となります。

 

好きな相手と別れてしまった後は、どうしても冷静さを失っていたり、感情的になってしまいがちなので、

復縁が失敗してしまう大きな原因となる、自分本位に考えてしまいがちになり勘違いしてしまいます。

 

この復縁7ステップマニュアルで書かれている勘違いパターンを熟知しておく事で、

自分自身では勘違いしてしまいがちな事でも間違う事なく復縁に向けて進めていけるようになります。

 

失敗パターンを知ることで、復縁成功確率を格段にアップさせる

復縁の成功確率をアップさせるには、

まずは失敗してしまうパターンを覚える方が早いです。

人間は、小さい頃から失敗して成長して行きます。

例えば、小さい頃に覚えた「自転車」も、何度も何度も転んで失敗して

次第にどんどん上達して行きます。

そして、知らない間に自転車がうまく乗れるようになります。

その為、人間の多くは失敗して⇒成功が近づくのです。

小澤康二の復縁7stepマニュアルでは、

復縁で失敗してしまう6つのパターンや、勘違いしてしまう2つのパターンを最初から教えてくれます。

これは、逆に言えば失敗してしまうパターンや行動、思考などを最初から知って復縁を進められるので、

先程も解説した『人間の多くは失敗して⇒成功が近づく』ので、

自分自身が失敗するのを避けながら、復縁を実践して行けるのです。

その為、復縁が遠のいてしまう失敗を最初から知ることで、

復縁成功の確率が高い行動をしていけるようになります。

 

これは、小澤康二の復縁7stepマニュアルを読んでいる方だけのメリットとなるので、

復縁成功確率を高めて実践したい方には役立つ内容の1つだと思います。